字幕なしで本物を観よう【ECCオンラインレッスン】

【パトリオット~特命諜報員ジョン・タヴナー】感想と評価|シーズン3は未定|無料で見放題の動画配信サービスは?

海ドラアイキャッチ画像

パトリオット
総合評価
(3.0)
https://youtu.be/HW6usoJXCPY

『パトリオット~特命諜報員ジョン・タヴナー』は、Amazonプライムのオリジナル作品の1つです。

 

本作はタイトルとあらすじにひかれて視聴してみようと思ったのですが、期待していた作品とは異なり、ブラックコメディ要素の強い、新感覚のスパイドラマでした。

 

プライムビデオで30日間無料トライアル

今すぐ【パトリオット】を無料で観る

 

シーズン3の配信は、今のところ未定です。

わかり次第書きます。

 

パトリオット:あらすじ&キャスト

あらすじ&キャスト

イランの核武装防止のため、ジョン・タヴナーは、安全策を捨て、非公式諜報員として活動を始めるため、中西部の工業用配管の企業へ社員として潜入する。

出典元:プライムビデオ

  • ジョン・タヴナー(マイクル・ドーマン)
  • レスリー・クラレット(カートウッド・スミス)
  • エドワード・タヴナー(マイケル・チャーヌス)
  • アリス・タヴナー(キャスリーン・マンロー)
  • アガト・アルバンス(アリエッテ・オフェイム)
  • デニス・マクラーレン(クリス・コンラッド)
  • トム・タヴナー(テリー・オクィン)
  • バーニス・タヴナー(デブラ・ウィンガー)

 

パトリオット:好き嫌いが激しく分かれる超異色作

『パトリオット』で描かれる主人公ジョンの最初の任務は、米国のパイプライン会社マクミランの社員として採用され、外国の諜報機関に目をつけられることなく潜入任務を行えるようにすること。

ですが、そもそも採用面接がひどすぎて採用されそうにもないところからスタートします。

 

スパイドラマといっても『ミッション:インポッシブル』や『007』など、主人公がかっこよく痛快に任務を遂行していくような、テンポのいいスパイアクション系ではありません。

本作の主人公は、どちらかというと何をやってもスムーズに遂行できないダメスパイ・・・。

 

ちょっと抜けているところがあるダメスパイという設定ならありそうですが、本作の主人公ジョンは、過酷な指令と目まぐるしく変わる状況に振りまわされ、過去の失敗から捕虜となったことが原因でPTSDを患っている暗いオーラを放つスパイなのです。

 

手際よくミッションをこなすヒーロー像とは遠いその姿を、アメリカのメディアでは「私たちみたいなスパイ」と親しみをこめて表現しており、クセはあるが素晴らしいドラマであると高く評価されています。

 

また、覇気がない人物を演じつつも、ドラマの主役として人を引きつける必要のある難しい役を見事に演じたとして、主演のマイケルも高く評価されています。

 

トラウマを癒すため、任務で経験したことをギター片手にフォークソング化して公共の場で歌うシーンがあるのですが、これはシーズン2でも登場していましたね笑。

 

任務の経験をストレートに歌詞にしてしまっているので「人に聞かれたらまずいでしょ!」とツッコミどころ満載な感じですが、意外にも人気があるシーンのようです。

 

個人的にはあまり好みのストーリーではなかったのですが、ハマる人には大ハマりする異色な作品に仕上がっていると思います。

 

パトリオット:残虐さ + ユーモラスな会話が独特の世界観を演出

『パトリオット』は主人公のシュールさや、残虐さにユーモラスな会話を重ねたギャップが独特の世界観を演出していて面白いと高い評価を得ています。

 

たとえば、シーズン1のマクミラン社の面接の結果が散々で、採用されそうにもないと分かったあと、同じく面接にきた男を車道に突きとばして亡き者にしようとするシーンがあります。

 

突然の展開で「えっ?!」という感じで、2回巻き戻して状況を確認したくらいですが・・・笑。

世間では「突き飛ばされた方はかわいそうだけど、あのシーンは笑えた!」など意外と受けいれられている様子・・・笑。

 

マクミラン社になんとか採用され、最初の任務地であるルクセンブルクに飛ぶのですが、バッグに入れた資金を空港の職員に盗まれ、それを奪還するために殺人を犯すシーンもあります。

 

ジョンは普段ボーっとしていて覇気がないイメージなのですが、危機的状況に陥ると豹変して殺しもいとわないので、サイコパスっぽい一面もあり、なんだかつかみどころのないキャラクターとなっています。

 

そんな、つかみどころのない難しい役を演じきった、主演のマイケルはやはり世間の評価どおり、素晴らしい俳優ですね。

 

パトリオット:まとめ

まとめアイキャチ画像

『パトリオット~特命諜報員ジョン・タヴナー』は、スパイでありながら哀愁を漂わせるジョンの姿が印象的なシリーズとなっています。

 

個人的には期待していたスパイアクション系のストーリー展開とはだいぶ異なりましたが、これはこれで新感覚ドラマとして良かったと思います。

 

また、比較的、時系列がわかりやすく観やすい作品だったと思いますので、何かしながら良い意味で適当に観るには良かったと思います笑。

 

そして、全シーズンをとおしてわりと地味で暗いストーリー展開になっている本作ですが、シュールな笑いのシーンを取り入れてくるあたりが好きという声が多いです。

 

僕の印象としては、シーズン1ではシリアスな雰囲気のなかにも、ブラックユーモアで笑えるところが登場していました。

ですがシーズン2では、そのブラックユーモアで笑えるシーンが激減して、観る人によっては終始シリアスな展開になっていたような気がします。

 

世間では「シーズンを重ねるごとにジョンの苦悩に感情移入してきた。応援したくなる」という声もあり、シーズン3の放送が待ち望まれています。

 

そんなハマる人にはハマる超異色作、『超』ではありませんが普通にオススメです笑。

 

プライムビデオで30日間無料トライアル

今すぐ【パトリオット】を無料で観る

 

TVで動画配信を観るならfire TV stickは必須です。

 

パトリオット:海外ドラマを字幕なしで観たい、勉強したいあなたへ

字幕なしで本物を観よう

字幕や吹きかえだと、英語本来の言いまわしや雰囲気が、どうしても100%は伝わりきれていません。

 

個人的にも字幕なしで海外ドラマを観るのは夢でもあります。

それに、英語ができるだけで、人生の幅も確実に広がりますからね。

 

ECCオンラインレッスンは、PC・スマホ・タブレットで自宅にいながら

  • バイリンガル日本人講師(丁寧な解説や苦手のフォロー)
  • ネイティブ講師(本場の発音・表現を学び、きちんと理解を深める)
  • フィリピン人講師 (英会話に慣れたい、楽しく発音の練習ができる)

という講師たちが楽しく教えてくれて、英語を着実に身につけることができます。

 

想像してみてください、英語を覚えたあなたを。

きっと今の何倍も『パトリオット』をはじめ、さまざまな海外ドラマを楽しんで観ることができるでしょう。

 

まずは無料会員登録をしたあと、無料体験レッスンを受講してみて、続けるか判断するのがオススメです。

 

【ECCオンラインレッスン】で今すぐ無料会員登録する

公式サイトへ行ったら【英語】をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です