字幕なしで本物を観よう【ECCオンラインレッスン】

【オレのこと好きでしょ。】感想と評価|音楽にも注目の韓国ドラマ

韓国ドラマレビュー記事アイキャッチ画像

オレのこと好きでしょ。
総合評価
(4.0)
https://youtu.be/4zxmoBq6sBA

 

 

【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【まとめ・保存版】 【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【無料で観る方法】【まとめ・保存版】

 

【オレのこと好きでしょ。】あらすじ&キャスト

芸術大学に通うギュウォンはひょんなことから大学一の人気者シンのパシリをすることに。シンにこき使われつつもギュウォンは次第に彼に惹かれていく。だがシンは舞踊家教授のユンスに思いを寄せていた。そんな中、ふたりは開校記念公演に出演することとなる。

出典元:U-NEXT

 

  • イ・シン(ジョン・ヨンファ)
  • イ・ギュオン(パク・シネ)
  • キム・ソクヒョン(ソン・チャンウィ)
  • チョン・ユンス(ソ・イヒョン)
  • ヨ・ジュニ(カン・ミンヒョク)
  • ハン・ヒジュ(ウリ)
  • ヒョン・ギヨン(イ・ヒョンジン)

 

【オレのこと好きでしょ。】を動画配信サービス(VOD)で無料視聴する方法

動画配信サービス(VOD)に加入したことがなければ、初回加入特典でお得に『オレのこと好きでしょ。』を見ることができます。

 

『オレのことスキでしょ。』を無料視聴できる動画配信サービスと初回加入特典も合わせて紹介します。

 

いつでもどこでも

今すぐ簡単登録

※2018年12月1日現在(詳細は上記公式サイトへ

 

【オレのこと好きでしょ。】イ・ギュウォンの才能

イ・ギュウォンは、国楽科専攻の大学生で、カヤグムの奏者で平凡な女の子。

カヤグムの名人であるおじいちゃんと2人暮らしをしています。

 

カヤグムとは?

伽耶琴(かやきん、カヤグム、朝鮮語: 가야금)は朝鮮半島の伝統的な撥弦楽器。カヤッコ(朝鮮語: 가얏고)とも呼ぶ。

出典元:wikipedia

韓国の国楽で使われる楽器には、チャンゴという太鼓や、テーグムという横笛など様々ありますが、その中の1つにギュウォンが演奏しているカヤグムがあります。

これは日本でいう『琴』に形は似ているのですが、大きさも違いますし、琴のように爪をつけないことや、膝の上に置いて演奏するなど、奏法が異なります。

音色も、琴の方が弦楽器っぽく高い音で洋楽器に表してギターだとすると、カヤグムは太い音色なので洋楽器でいうベースといったような違いがあります。

 

幼い頃からおじいちゃんにカヤグムを教わってきたので、音楽といえばカヤグムのことしか知らないギュウォンが、有名な演出家に見いだされ、大学の100周年記念のミュージカルに参加することに。

 

音楽の演奏をするために参加したはずが、歌唱力を認められヒロインに抜擢。

なれないながらもミュージカルの稽古をしていくうちに『歌』と『カヤグム奏者』の道とで迷ってしまいます。

 

そんなギュウォンを後押しするのが、大学で1番人気のシン。

ひょんなことからシンのパシリになってしまうのですが、シンと過ごしていくうちに、気になっていってしまいます。

 

シンのおかげで最終的にはミュージカルのトップスターになるギュウォン。

ドラマでも実際に歌っていますが、その歌唱力は本物です。

 

【オレのこと好きでしょ。】イ・シンのギュウォンへの愛

大学ではアイドルのような人気で、ロックバンドのギタリストとボーカルとしても実力のあるシンですが、毎日のように女子から告白され、うんざりしていた日々。

 

ある日ギュウォンと音楽のバトルをすることになり、バトルに勝ったシンは負けたギュウォンに自分のパシリになるようにと言う。

ギュウォンは他の女子と違い、自分に興味のない彼女に興味をもちます。

 

しかしそんなシンには好きな人がいました。

大学の教授であるチョン・ユンスです。

毎日ユンスの帰りをまち、送ってあげたりしますが、振られてしまいます。

 

そんなときに慰めようとしてくれたギュウォン。

好意を抱いてくれますが、拒絶するシンに「あなたのことは諦める」と言われます。

 

自分のことを忘れようと無理をしているギュウォンを見て放っておけなくなり、いつしか目が離せない存在に。

いつの間にかギュウォンを好きになっていたのです。

 

シンはどんなときも、ギュウォンを1番に考え、ピンチの時には自分のことよりもギュウォンを優先すします。

俺様気質ですが、甘いマスクのせいか、なぜか胸キュンしてしまいます。

 

シン役のジョン・ヨンファが歌う『君は僕に恋をした』も、シンのギュウォンを思う場面とリンクしているので、注目です。

 

【オレのこと好きでしょ。】主題歌などの素敵な音楽たち

ドラマの中で流れてくる音楽がとても印象的です。

主役の2人も実際に歌っていて、シン役のジョン・ヨンファはもちろんですが、ギュウォン役のパク・シネの歌唱力の高さが素晴らしい。

 

もともと歌唱力に定評のあったパク・シネですが、今回のドラマでも見せつけてくれました。

 

ジョン・ヨンファは、CNBLUEというロックバンドでボーカルをしているので、うまいのは当然ですが、普段歌っている曲調とは違っていても見事に歌いこなしています。

 

ジョン・ヨンファが歌う『君は僕に恋をした』は、ドラマの大事なところで流れるメインテーマでもありますが、ポップでさわやかな歌詞が耳に残りやすいです。

 

『恋しくて』はジョン・ヨンファが作詞作曲したバラードですが、切ないシーンで流れると、さらに切なくなってしまいます。

ぜひ、ドラマの展開だけでなく、音楽にも注目していただきたいです。

 

 

【オレのこと好きでしょ。】監督役のソン・チャンウィにも歌って欲しかった

ドラマの中で歌っているのは主役の2人だけではありません。

監督役のソン・チャンウィも何度か歌うシーンがあるのですが、彼の歌声の披露はありませんでした。

 

音楽が流れるのですが、口の動きとは違うので、別の方が歌っているものが流れています。

せっかくなら本人が歌ったほうが、監督という役もリアリティが出たのではないかと思いました。

見ていると、歌えない俳優さんなのかなぁと、大人の事情を感じてしまいました。

 

【オレのこと好きでしょ。】まとめ

大学を舞台に、音楽を通して出逢った2人が、音楽を通して近づいていく様子が初々しく、まさに胸キュン青春ラブストーリーです。

ドラマ内の音楽もクオリティが高く、ドラマの内容を盛り上げてくれます。

忘れかけていた青春時代を、このドラマを見て思い出すかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です