字幕なしで本物を観よう【ECCオンラインレッスン】

【雲が描いた月明り】感想と評価|パクボゴムに胸キュン&OST必聴

韓流ドラマアイキャッチ

雲が描いた月明り
総合評価
(4.5)

20万部を突破したベストセラーWEB小説をドラマ化した作品。

最高視聴率25.3%を記録し、5週連続コンテンツ影響力指数1位に輝くなど、韓国中で『クルミ(雲)シンドローム』を巻きおこしました。

 

usami
OST&フォトエッセイも欲しいっ ♪

 

【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【まとめ・保存版】 【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【無料で観る方法】【まとめ・保存版】

 

雲が描いた月明り:あらすじ&キャスト

恋愛相談家として生計を立てる男装の少女・サムノムことラオン。ある日彼女は、代筆を頼まれて恋文を送った相手と会うことになるが、現れたのは一国の世子であるヨンだった。そうとも知らず、ラオンはヨンを落とし穴に置き去りにしてしまい…。

出典元:U-NEXT

 

  • パク・ボゴム
  • キム・ユジョン
  • ジニョン
  • チェ・スビン
  • クァク・ドンヨン
  • キム・スンス
  • チョン・ミソン

 

雲が描いた月明りが見られる動画配信サービスは?

 

いつでもどこでも

※2018年10月21日現在

 

【2018年】韓国ドラマは動画配信サービス(VOD)で見よう【失敗しない選び方・比較・まとめ】 【2018年】韓国ドラマは動画配信サービス(VOD)で見よう【失敗しない選び方・比較・まとめ】 【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【まとめ・保存版】 【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【無料で観る方法】【まとめ・保存版】

 

雲が描いた月明り:とってもかわいい子役だったキム・ユジョン

主人公ラオンを演じたキム・ユジョンといえば『トンイ』、『太陽を抱く月』など、大ヒット歴史ドラマでヒロインの子役時代をとても上手に演じてきた名子役のひとりです。

 

かわいらしさの中に、芯の通ったしっかり者がピッタリの彼女が、このドラマでは子役としてではなく、主演女優として立派に成長した姿を見せています。

 

ラオンは正体を隠し、サムノムという男子として生きるように育てられてきた女の子です。

貧しい暮らしの中、恋愛相談や恋文代筆などでお金を稼ぎ、借金の返済にあてているサムノムでした。

ですが、借金のカタとして宮殿に売られ、宮殿で内侍として働くことになってしまいます。

 

聡明な顔立ちのキム・ユジョンの内侍姿は凛々しくもあり、そして時々キュートさもにじみ出ており、パク・ボゴム演じる王子、イ・ヨンが思わず一目ぼれしてしまう気持ちがとってもよくわかります!

 

恋愛相談の時に見せる、ちょっと上から目線の自慢気な表情や、仲間の内侍と男どうしでじゃれ合う時に見せるやんちゃな男子っぽい表情。

そして宮殿内をブカブカの内侍の服をバタつかせてあたふた走るおっちょこちょいなところなど、とっても愛嬌たっぷりのサムノムは、見ていてどんどん引き込まれていきます。

 

そしてついに、ヨンが偶然のぞき見てしまった、ラオンという女性としての姿。

まるで別人のような品のある女らしい横顔に、ヨンと同様、またしてもうっとりと惹かれてしまいました。

 

サムノムとラオンを見事に演じ分けているキム・ユジョンの演技力は本当に素晴らしいと思います。

 

雲が描いた月明り:ツンデレ王子 イ・ヨンの笑顔に癒される

『ツンデレ』という言葉は韓国ドラマを見るようになって、よく聞くようになった気がします。

たしかに韓国ドラマの中には『ツンデレ男子』が主人公になる作品が結構あるかもしれません。

 

いつもは『ツンツン』して無愛想で横柄な態度をとったりするくせに、いったん心を許した相手に対しては『デレデレ』してしまう、というツンデレ。

 

そんなギャップを見せられたら、モテるのは当然だと思います。

思わず、ズルい!と言ってしまいたくなるほどです。

今回もその『ツンデレ王子イ・ヨン』の魅力にまんまとハマってしまいました。

 

普段はひょうひょうとしていて、あまり本心を見せない王子ヨン。

ここぞというところでは、さっそうと政務をこなし、クールなカリスマ性をもった王子です。

 

それだけでもカッコいいのですが、サムノムのことが気にかかって頭から離れず、内侍であり男であるサムノムに恋してしまった自分の気持ちに対して動揺を隠せず、こっそりとひとりで悩む姿に思わずキュンキュンしてしまいました。

 

人前ではクールに『ツンツン』の状態を見せているのに、時々こうして王子の本音シーンを見せられることで、余計に母性本能をくすぐられるのでしょうか。

 

そしてついに『サムノムの正体が女性ラオンだった』ということがわかり、これまで心の中に封印していた気持ちを解き放ち、やっとラオンへの愛を告白できたヨンを、心から祝福してあげたい気持ちになりました。

 

そこからラオンに対して見せる『デレデレ』の部分が、やきもちを焼きたくなるほど幸せな2人の時間なのです。

たくさんの緑と花に囲まれ、少し霧がかった庭園の中で、2人の周りだけがまるでメルヘンチックな童話の世界の中であるかのような演出がとても素敵です。

 

ヨンが満面の笑みで「ラオナァ~(ラオン)」と呼んだその一言は、ラオンにとっても生まれて初めて好きになった異性からちゃんと呼ばれた自分の本名でした。

なんてロマンチックな設定でしょう!と思わず感心してしまいました。

 

パク・ボゴムの、くしゃくしゃっとした満面の笑顔、そして時々見え隠れする小悪魔的な目がとっても魅力的でした。

そういえば、大ヒットドラマ『応答せよ1988』で演じていた少年テクも、王子ヨンとは違う世代ではありましたが、同じようにツンデレ男子の魅力がたくさんつまった役でした。

 

囲碁界の天才と呼ばれる頭脳を持ち、クールで外見は人付き合いがとても苦手な青年ですが、幼なじみの女子の前では本当に甘えん坊になってしまうツンデレっぷりがとてもかわいいです。

 

 

View this post on Instagram

 

Park Bogum 박보검 朴宝剑 パクボゴムさん(@bogumministry)がシェアした投稿

ツンデレ男子はパク・ボゴムのまさにハマり役だと思います。

 

雲が描いた月明り:まとめ

ラオンと王子ヨンがとにかく魅力的で、ロマンチックな世界に自然とひきこまれてしまう作品ですが、スリリングなストーリー展開も見どころです。

 

ラオンがなぜ男装して生きていかなければならなかったのか、を突き詰めていくと、実は王子ヨンとの恋が決して許さるものではなかった、という悲しい現実に直面してしまいます。

 

そんな大きな困難が立ちはだかる2人の運命はどうなってしまうのでしょうか。

最後まで目が離せないストーリー展開になっており、キュンキュンと同時に引き込まれるポイントだと思います。

 

【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【まとめ・保存版】 【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【無料で観る方法】【まとめ・保存版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です