字幕なしで本物を観よう【ECCオンラインレッスン】

【ホジュン~伝説の心医~】感想と評価|泣ける韓国時代劇【レビューまとめ】

韓流ドラマアイキャッチ

ホジュン~伝説の心医~
総合評価
(4.0)
https://youtu.be/8oftp4CBWKU

 

 

『ホジュン~伝説の心医~』は韓国時代劇の中でも根強い人気がある作品です。

名作『ホジュン〜宮廷医官への道〜』のスタッフが製作したリメイク作品です。

ネタバレしてますのでご注意ください。

 

音楽も良いのでサントラも買っちゃいました。

 

【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【まとめ・保存版】 【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【無料で観る方法】【まとめ・保存版】 【2018年】韓国ドラマは動画配信サービス(VOD)で見よう【失敗しない選び方・比較・まとめ】 【2018年】韓国ドラマは動画配信サービス(VOD)で見よう【失敗しない選び方・比較・まとめ】

 

ホジュン~伝説の心医~を動画配信で見るには?

 

いつでもどこでも

※2018年10月6日現在

 

あらすじ&キャスト

地方長官の庶子ホ・ジュンは密貿易と賭博に明け暮れる日々を送っていたが、両班の娘ダヒと恋に落ち、人生を改めようと誓う。巡りついた地で、医師のウィテが貧しい人々に医術を施す姿を見て感銘を受けたジュンは、ウィテに弟子入りを志願する。

出典元:U-NEXT

 

  • ホ・ジュン/キム・ジュヒョク
  • イェジン/パク・ジニ
  • ユ・ドジ/ナムグン・ミン
  • イ・ダヒ/パク・ウンビン

 

下積み時代に学ぶ、医師という仕事の厳しさと尊さ

立派な父親の息子として生まれながらも、妾であった母親の身分が低いせいで、幼い頃から屈辱を味わいながら育ったホ・ジュン。

 

母を楽にさせてやりたい、しっかりと自分の道を見つけて堂々と生きていきたい、そう願うジュンは人生の師となる名医ユ・ウィテのもとに頼み込んで弟子入りし、医師を目指します。

 

下積み時代の最初の仕事は水汲みでした。

近くの水汲み場から汲んできただけの水を、ウィテにとがめられたジュンが「間違えました。汲み直します」とあやまった時に、ウィテが言った言葉「お前の汲んだ汚い水で患者が死んでも間違いで済むのか?」には、ハッとさせられます。

 

たしかに医師とはたった一度の間違いすら許されない世界。

改めて医師という職業の厳しさと尊さを感じた場面です。

ウィテが治療に用いる水へのこだわりがとても興味深いです。

 

水を汲む場所や汲む時間を考え、煎じる薬や用途によって33種類の水を使い分けるという繊細さと、それを忠実に守るウィテの仕事への誠実さに感心してしまいます。

 

ジュンにやさしく水の汲み方について教えたのは、ウィテの養女で医学を学ぶイェジンでした。

イェジンは心のキレイな優しい女性で、養父であるウィテを医師として尊敬しており、同じ気持ちで医学を学ぶジュンのことを理解し、助けてくれる存在です。

 

下積み時代のジュンが同僚の先輩たちにひどい目に合わされても、働き続けられたのは彼女の存在のおかげだと思います。下積み時代の次の仕事は薬草取りでした。

 

山に行き、ただ薬草を抜いて取ってくる同僚たちに対し、1本1本、根まで傷つけないように大切にとってきたジュンは褒められます。

 

さらにウィテの友人の医師グァンイクからは大切な薬草だからこそ、必要以上に根こそぎ取って根絶やしにしてしまってもいけないということも教えられます。

 

この下積み時代の単純そうに思える2つの仕事の奥深さ、繊細さは後にジュンが医師として働く中でも随所で活かされ、本当に興味深いものでした。

 

真の心医とは

下積み時代を終えて医術を教えてもらうようになり、ウィテの往診に付いて行くようになったジュン。

医者に診せるお金もない貧しい患者のあばら家まで出かけ、患者の化膿して汚れた背中の傷を切開し、何のためらいもなく膿を口で吸いだして治療するウィテの姿には頭が下がる思いです。

 

ジュンもそんな師匠の姿を目の当たりにして、真の心医とは何かを悟っていきます。

見返りを何も求めず、ただ患者の病を治すことだけに専念し、患者を慈しむ心をもつウィテの精神は、次第にジュンに受け継がれていきます。

 

医術を行うようになっても、ジュンの家族の暮しは相変わらず貧しいままです。

それでもジュンのことをひたすら応援し、疲れて帰ってきたジュンに夕食を出し、自分は醤油を少したらしただけの水を台所でそっと飲む母親の姿には涙が出ます。

 

心医を目指すジュンの志はもちろん素晴らしいのですが、その夢を一途に追いかけられたのはジュンを献身的に支える母親と妻ダヒの深い愛情があったからこそだと、とても思うのです。

 

科挙合格よりも大切なこと

ウィテの死後も患者を慈しむ心を受け継ぎ頑張っているジュンは、さらに深く勉強ができる、宮中の内医院に入るための試験(科挙)を受けることにします。

 

都で行われる科挙に向かう途中、貧しい村で急患があらわれてしまいます。

患者のことは心配だが、診ていたら科挙に間に合わなくなる

 

そんな究極の選択をせまられ、ほとんどの医師たちが貧しい患者を見捨て、科挙へと向かっていく中、ジュンはひとり村に居残ります。

 

無償で治療方法を教えてくれる医師がいるという噂はすぐに広まり、次々に押し寄せる貧しい患者たち。

みんな自分の病気のことばかりを訴え、ジュンの事情など考えてくれる人はいないのです。

 

そんな人たちに対しても怒るどころか、寝る間も削り、体力のもつ限り診察し続けたジュンを心の底から尊敬します。

結局科挙に間に合わず、一度は落ち込んだジュンなのですが、後にこの出来事が大きく評価される時が来ます。

 

患者を見捨てて得る合格などではなく、この上なく尊い精神をジュンはもっており、これこそ真の心医だと思う場面でしたね。

 

まとめ

全68話あり、かなり長いですが韓国時代劇初心者にも見やすい作品だと思います。

 

レンタルだと結構な金額になるので配信でお得に見るのがオススメですよ。

 

いつでもどこでも

※2018年10月6日現在

 

【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【まとめ・保存版】 【韓国ドラマ】胸キュンラブコメおすすめランキングTOP20【無料で観る方法】【まとめ・保存版】 【2018年】韓国ドラマは動画配信サービス(VOD)で見よう【失敗しない選び方・比較・まとめ】 【2018年】韓国ドラマは動画配信サービス(VOD)で見よう【失敗しない選び方・比較・まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です